So-net無料ブログ作成
検索選択

広島原爆投下

オバマ核政策の苦境映す 米駐日大使、広島で参列

‎2010年8月6日‎
原爆投下により本土決戦が回避され、米兵だけでなく多くの日本人の命が救われた、との米政府のかねての見解に変更はない。 国務省内でも職業外交官の多くは、自らの広島訪問に前のめり姿勢をみせるオバマ氏に戸惑っているという。同省のある幹部は知り合いの記者に「米 ...




対立を越える « Keynotes

広島原爆投下から65周年の今年、秋葉市長の演説は広島弁で始まった。多分「こんなひどい目にあう人を再び出してはいけない」というような意味だろう。ルース駐日米国大使はこれを神妙な顔つきで聞いていた。アメリカ国内には、式典への参加は日本への謝罪 ...




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。